映画「ターミナル」あらすじ&キャスト。空港に閉じ込められた男の感動の名作

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています

ターミナル画像 映画
画像引用元:Amazon.co.jp
スポンサーリンク

映画「ターミナル」はご存じですか?

トム・ハンクスキャサリン・ゼタ=ジョーンズ出演の空港でのお話です。

家族と一緒でも、安心して見られるホッコリ感動の作品です。

さて、どのようなお話なのかネタバレ無しで紹介します。

ぜひ、最後まで読んでください。

スポンサーリンク

基本情報

ターミナル

原題:The Terminal

・2004年 アメリカで公開

・監督はスティーヴン・スピルバーグ

・ロマンス、ヒューマン、コメディ作品

スポンサーリンク

あらすじ

舞台はアメリカのジョン・F・ケネディ国際空港

ビクターはクラコウジアからニューヨークに向かう為、飛行機でやってきた。

しかし、ビクターは入国審査で止められてしまった。

それは今まさに、母国であるクラコウジアでクーデターが起こっていたからだ。

国境警備局からその説明を受けるが、英語がほとんどわからないビクターは訳のわからないまま、入国も出国も出来ず空港に閉じ込められてしまったのです。

こうしてビクターの長い空港生活が始まる。

スポンサーリンク

映画の舞台となった空港は本物?

実際にニューヨークに、ジョン・F・ケネディ国際空港が存在しますが、なんと20週間かけて作られたセットなんだそうです。本物の空港のようなクオリティなので、驚きです。

セット内にあるお店も実在する店舗らしく、エキストラには実店舗で実際に行われる研修までさせたそうです。さらに本当に働いているスタッフもエキストラに混ざっていたようです。

さすが海外の作品!!お金かけてます!!

ビクターが可愛い

トム・ハンクスが演じるビクターはクラコウジア人(架空の国)で母国語しか喋れません。

空港に閉じ込められてしまいますが、周りは英語ばかりでつたない英語で喋りかけても、誰も相手にしてくれません。

しかしビクターはとっても純粋でとっても真面目なので、言われた通りとにかく空港から出ずに真面目に待っているんです。

空港のスタッフにいたずらされたりしても、なんの疑問も持たず、いよいよ空港で生活を始める姿が、おじさんなんですがとても可愛いのです。(笑)

純粋で笑える可愛いビクターをみなさんにも観てほしいです。

空港生活で起こる変化

ビクターは母国のクーデターが理由で足止めをされていますが、入国か帰国かいずれにせよ空港からいつ出られるかがわからない状態なので、空港で寝泊まりしなければいけません。

国境警備員からは、テレホンカードとポケベルと空港内店舗のクーポン券を渡されただけで、寝る部屋などは用意されていません。

こうして、生活を続けるビクターに様々な変化が起こります。

その内容はとても心温まるので、観て確かめてほしいです。

キャスト

ビクター・ナボルスキー(演:トム・ハンクス)

ニューヨークを目指し、クラコウジアからやってきた。

純粋で真面目な中年男性。

アメリア・ウォーレン(演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)

ユナイテッド空港ファーストクラスのCA。

フランク・ディクソン(演:スタンリー・トゥッチ)

空港の国境警備員の主任。

エンリケ・クルズ(演:ディエゴ・ルナ)

空港のフードサービス勤務

グプタ・ラハン(クマール・パラーナ)

空港の清掃員

ジョー・マルロイ(演:シャイ・マクブライド)

空港の貨物輸送員

レイ・サーマン(演:バリー・シャバカ・ヘンリー)

空港の警備員

ドロレス・トーレス(演:ゾーイ・サルダナ)

空港の入国審査官

最後に

さて、映画「ターミナル」を紹介しました。

冒頭にも書きましたが、家族と一緒でも見られる当たり障りのない素敵な作品です。

感動出来て、心が温まるようないい映画が観たい方は、ぜひチェックしてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


海外映画ランキング

タイトルとURLをコピーしました